静山社ロゴ

出版芸術社

図書目録 請求はこちらから

ほるぷ創作絵本

  • ほるぷ創作絵本

    大庭賢哉

    定価 本体1400円(+税)
    サイズ 240×210
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-10038-5

    トマとエマは帰り道の途中で、おかしな妖精にさそわれて、すべてが迷路でつながった不思議な迷路の国に、迷いこんでしまいます。

    既刊・シリーズはこちら

  • ほるぷ創作絵本

    西村敏雄

    定価 本体950円(+税)
    サイズ 175×175
    ページ数 24ページ
    ISBN 978-4-593-10047-7

    パンダちゃんは、とっても恥ずかしがりや。話しかけられると、もーじもーじしちゃいます。でも、うさぎちゃんに出会って…。二歳から。

  • ほるぷ創作絵本

    藤川智子

    定価 本体1600円(+税)
    サイズ 275×210
    ページ数 39ページ
    ISBN 978-4-593-56338-8

    昭和のはじめごろのお店屋さんを、のぞいてみましょう。西洋の文化がひろまり、人びとの生活が大きく変わったこの時代、どのようなお店で、どんなものが売られていたのでしょうか。荒物屋、美容院、乾物屋、喫茶店、駄菓子屋、…

    既刊・シリーズはこちら

  • ほるぷ創作絵本

    新井洋行

    定価 本体950円(+税)
    サイズ 175×175
    ページ数 26ページ
    ISBN 978-4-593-10004-0

    「さいしょはバンズ」「つぎはレタス」「トマトにオニオン」「そしてじまんのハンバーグ」……。ページをめくるたびに、ハンバーガーの素材が積み重なっていく、ありそうでなかった、おままごと絵本。

    既刊・シリーズはこちら

  • ほるぷ創作絵本

    新井洋行

    定価 本体950円(+税)
    サイズ 175×175
    ページ数 26ページ
    ISBN 978-4-593-10018-7

    「とろとろのイチゴソース」「たっぷり なまクリーム」「アイスクリーム」に「カットフルーツ」……。ページをめくるたびに、フルーツパフェの素材が積み重なっていく、ありそうでなかった、おままごと絵本。

    既刊・シリーズはこちら

  • ほるぷ創作絵本

    横塚眞己人

    定価 本体1500円(+税)
    サイズ 258×198
    ページ数 41ページ
    ISBN 978-4-593-56337-1

    岐阜県の郷土料理のひとつに、「ヘボの甘露煮」というものがあります。「ヘボ」とはこの地方の呼び名で、クロスズメバチという種類のハチです。ハチを食べると聞くとおどろくかもしれませんが、むかしから、日本各地や世界中で…

  • ほるぷ創作絵本

    黒井健

    定価 本体850円(+税)
    サイズ 175×175
    ページ数 24ページ
    ISBN 978-4-593-10014-9

    まんまるつきの よる みんな みんな そろそろ ねんね…。動物たちがつぎつぎに登場し、まあるくなって眠りにつく夜。人間のあかちゃんは、まんまるだっこでねんねしますよ。みんな みんな まんまる おつきさま。色彩豊…

  • ほるぷ創作絵本

    セアまり 文 / 平澤朋子

    定価 本体1500円(+税)
    サイズ 230×200
    ページ数 35ページ
    ISBN 978-4-593-10003-3

    べぇべは、いつもこまった顔をした犬です。でもじつは、「もうどう犬」という、特別な犬なのです。もうどう犬は、見えないひとといっしょに歩いて、目のかわりをする犬のこと。道にある障がい物をよけて、見えない人が安全に歩…

  • ほるぷ創作絵本

    まつむらまいこ

    定価 本体1300円(+税)
    サイズ 182×254
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-10012-5

    あなたが うまれた よるのこと ほしは いっそう かがやいて おいわいの うたを うたいました――星、月、植物、風、鳥、太陽…世界中が、ひとつの生命の誕生を祝います。この世に生まれてきた全ての人へ向けたメッセー…

  • ほるぷ創作絵本

    かわかみたかこ

    定価 本体1300円(+税)
    サイズ 240×210
    ページ数 32ページ
    ISBN 978-4-593-10007-1

    「あっ にじさんだ」みずたまちゃんは、とんだり、およいだりする不思議な虹をおいかけていくのですが……。大好きなものを、ひたむきに追いかける、女の子のときめきと、まばゆいくらいにきれいな虹色の世界を描いた絵本。

ページトップへ