静山社ロゴ

出版芸術社

図書目録 請求はこちらから

その他の本

“  すべて ” の検索結果

34 件中 1~ 10件を表示

並べ替え :

表示件数 :

  • 女性白書

    日本婦人団体連合会

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A5
    ページ数 304ページ
    ISBN 978-4-593-58042-2

    2017年版の女性白書は、『女性の人権と社会保障―世界と日本』をテーマに、女性と平和、女性差別の現状をとらえ直します。統計や各種資料も充実。

    既刊・シリーズはこちら

  • 女性白書

    日本婦人団体連合会

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A5
    ページ数 304ページ
    ISBN 978-4-593-58041-5

    2016年版の女性白書は、『一億総活躍社会と女性』をテーマに、改めて女性と平和、女性差別の現状をとらえ直します。統計や各種資料も充実。

    既刊・シリーズはこちら

  • 女性白書

    日本婦人団体連合会

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A5
    ページ数 344ページ
    ISBN 978-4-593-58040-8

    戦後70年、女性差別撤廃条約批准30年の2つをテーマに、改めて女性と平和、女性差別の現状をとらえ直します。統計や各種資料も充実。

    既刊・シリーズはこちら

  • 女性白書

    日本婦人団体連合会

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A5
    ページ数 304ページ
    ISBN 978-4-593-58039-2

    2014年版の女性白書では、「アベノミクスで女性は活躍できるのか」をテーマに、経済政策や社会保障改革、憲法解釈の問題などについて女性の視点から、世界各国との女性製作との比較などもまじえ検証します。

    既刊・シリーズはこちら

  • 女性白書

    日本婦人団体連合会

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A5
    ページ数 304ページ
    ISBN 978-4-593-58038-5

    21世紀になり、高齢化や非婚化とともに様々な家族の形態が広がる一方で、貧困・格差が広がり、家族のあり方もその影響を受けた。社会構造の根底となる家族の現状を明らかにし、ジェンダー視点から家族のあり方を展望する。

    既刊・シリーズはこちら

  • 家庭ガラス工房

    土井朋子

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 96ページ
    ISBN 978-4-593-59517-4

    伝統的なガラス用絵つけに加えて、ペンを使った絵つけや、ガラスパウダーを使ったクッキーの型抜きのようなガラス作りなど、ホビーの絵つけを楽しめる新しい素材にも目を向け、それらを使った“だれでも楽しめるガラスの絵つけ…

  • 女性白書

    日本婦人団体連合会

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A5
    ページ数 320ページ
    ISBN 978-4-593-58037-8

    「社会保障と税」を多方面から、ジェンダーの視点を含めて追求する。提唱されている一体改革のかくされた背景や足りない視点を明らかにし、私たちの暮らしと日本経済再生の道筋の展望を見い出す1冊。

    既刊・シリーズはこちら

  • 家庭ガラス工房

    近岡令

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A4変
    ページ数 112ページ
    ISBN 978-4-593-59516-7

    フュージングは、電気炉を使って板ガラスを熔かす技法です。本書では小さな電気炉でアクセサリーをつくったり、皿と時計をつくったり、オリジナルのものをつくったりと、3段階の難易度に挑戦してもらえるようになっています。

  • 女性白書

    日本婦人団体連合会

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A5
    ページ数 303ページ
    ISBN 978-4-593-58036-1

    東日本大震災からの日本社会の再生、そして昨年からのテーマ、貧困からの脱却にジェンダーの視点を組み込んだ打開策を追求する。

    既刊・シリーズはこちら

  • 女性白書

    日本婦人団体連合会

    定価 本体3200円(+税)
    サイズ A5
    ページ数 320ページ
    ISBN 978-4-593-58035-4

    日本の女性の現状は、先進資本主義諸国の中でも突出している「貧困」の広がりにより深刻です。大きな政治・社会問題として抜本的な改善が必要な日本の女性の現状の問題を明らかにするとともに解決の展望を追及します。

    既刊・シリーズはこちら

ページトップへ